うちわトータルナビ 丸亀うちわと言えばシェアナンバ-ワンですが、その誕生説はいろいろあります。

うちわといえばシェアナンバ-ワンの丸亀うちわ

うちわと言えば丸亀、丸亀と言えばうちわと言われるほど、香川県丸亀市はうちわの産地として有名な地域ですが、この丸亀うちわは一体いつの時代に登場したものなのでしょうか?

まずは丸亀うちわの歴史を、改めて探ってみたいと思います。

丸亀うちわというのは、寛永通宝でも有名な寛永10年、1633年当時に金光院の住職である宥睨(ゆうげん)によって、発案されたうちわである説が残っています。

金光院の住職である宥睨(ゆうげん)という方は、宥光(ゆうこう)という名前であったという説も残っていますが、詳細は定かではありません。

そしてこの金光院の住職である宥睨(ゆうげん)もしくは、宥光(ゆうこう)ではなかったかとされる住職が、柿などの渋が塗られたいわゆる渋うちわに「金」の文字を入れ、香川を代表するお寺であるとも言える、金刀比羅宮を参拝した際のお土産用にとして、制作したのが丸亀うちわの始まりではないかとされているのです。

実は丸亀うちわには、その他にも丸亀うちわ誕生説というのがあり、それは天明年間(1781年~1788年)に丸亀に住んでいた藩士に対して、内職を推奨するお触れが出たのですが、それがうちわ作りを推奨するお触れだったのです。

また明治に入ってから、今の丸亀うちわの形状である「男竹平柄」が作られ始めて、それが盛んであったのが丸亀であると言われているのです。

いろいろな説がありますが、一つ言えるのは丸亀はうちわシェア全国1位であり、それは今後も揺るがないであろうということです。

うちわを作成したいと思ったら…うちわキングをまずはご参考に!